MEDIAFRONT JAPAN メディアフロント・ジャパン株式会社

03-5413-5557

mfj-info@mediafront.co.jp

1.イマーシブメディア・VR製品

VR Immersive Media

VRジャングルアドベンチャーシリーズ

1-③ VRハンググライダー

個人体験型 日本導入あり

製品リストへもどる
画像ダウンロード
動画ダウンロード
YouTube
システム構成

・コンテンツインストール済PC 1台
・ハンググライダーシミュレーター 1台
※HTC VIVE 1台
※体験者視点モニタリング用ディスプレイ (演出に応じて)
※音響機器 (演出に応じて)

※・・・お客様にてご用意いただいております。

体験概要

リアルな映像と本格的なハンググライダーシミュレーターで、ジャングルの上空を爽快に飛行することのできるVRです。

・体験時間:4分
・体験可能年齢:13歳以上
  ※条件によっては7歳以上(下記ガイドラインをごらんください)
  【PDF】VRコンテンツのご利用年齢に関するガイドライン(ロケーションベースVR協会)
・体験人数:1名

お選びいただきたい理由

シミュレーターのインパクトが大きいVR。
ハンググライダー選手に「本物の飛行と遜色なし」と言わせた体験は癖になります。

特別な訓練やライセンスがなくても、またお金をかけて郊外に出向くことなく、手軽にハンググライダーを楽しんでいただけるVRです。
とはいえ、ハンググライダー選手に「本物の飛行と遜色なし」と言わせた体験は本格的。繰り返しお楽しみいただけるVRであり、リピーターの多い常設施設でも長く継続的に楽しんでいただくことができます。
また、VRでここまでやりますか?と思わず笑みがこぼれるインパクト大のハンググライダーシミュレーターも特長。場の注目と集客は抜群です。
ダイナミックなシミュレーターと映像があって初めて成立するVRであり、個室でヘッドマウントディスプレイを装着するだけで体験できるVRとは確実に一線を画した製品です。そうした意味で「施設に足を運ぶ理由」がしっかりとある、きちんと集客のできるVRと言えます。

導入事例

CEATEC JAPAN 2016タイコエレクトロニクスジャパンブース

本製品はアジア最大規模のITとエレクトロニクスの国際展示会であるCEATEC JAPAN 2016 のタイコエレクトロニクスジャパンブースの展示として学研ステイフル様との共同開発の末、誕生しました。その際は海上を飛行しながら同社の製品を見学してまわるというストーリーの企業広報コンテンツで、その派手なシミュレーターが大変な注目を浴びました。その後VR Jungle Adventureとしてリメイク。
日本国内の常設施設ではまだ未導入のVRです。

製品仕様
『体験人数』1名。『納品物』コンテンツインストール済PC1台, ハンググライダーシミュレーター1台, 送風機1台。『お客様ご用意品』■HTC VIVE または PIMAX(VRゴーグル) ■体験者視点モニタリング用映像機器(演出に応じて) ■音響機器(演出に応じて)。『納期目安』発注から2か月※既存コンテンツでカスタマイズなしの場合。『設置条件』■設置寸法:幅4000mm×奥行3000mm×高さ3000mm ■電源容量:(三相200V):5kw。『保証条件』納品から1年間無償保証。その後は有償対応。『レンタル対応』有1週間のレンタルから対応いたします。

製品リストへもどる

top