MEDIAFRONT JAPAN メディアフロント・ジャパン株式会社

03-5413-5557

mfj-info@mediafront.co.jp

1.イマーシブメディア・VR製品

VR Immersive Media

VRジャングルアドベンチャーシリーズ

1-1-1 VRラフティング

集団体験型 日本導入あり

製品リストへもどる
画像ダウンロード
動画ダウンロード
YouTube
システム構成

・コンテンツインストール済PC 1台
・ボートシミュレーター 1台
※HTC VIVE 体験人数分
※体験者視点モニタリング用ディスプレイ (演出に応じて)
※音響機器 (演出に応じて)

※・・・お客様にてご用意いただいております。

体験概要

リアルな映像とダイナミックなボートシミュレーターで、激しい急流下り、ラフティングの爽快感が味わえます。

・体験時間:4分
・体験可能年齢:13歳以上
  ※条件によっては7歳以上(下記ガイドラインをごらんください)
  【PDF】VRコンテンツのご利用年齢に関するガイドライン(ロケーションベースVR協会)
・体験人数:4名

お選びいただきたい理由

存在感抜群のシミュレーターにリアルなラフティング映像で、集客力のある人気VR。
集団体験型で回転よく運用できるのもうれしいポイントです。

郊外に出かける必要も、お金をかける必要も、事故の危険にドキドキする必要もなく手軽にラフティングを楽しんでいただけるVRです。
とはいえ、体験は本格的。何度体験いただいても飽きることなく、リピーターの多い常設施設でも長く継続的に楽しんでいただくことを期待できます。
またダイナミックなシミュレーターと映像があって初めて成立するVRであり、個室でヘッドマウントディスプレイを装着するだけで体験できるVRとは確実に一線を画した製品です。そうした意味で「ここに足を運ぶ理由」がしっかりとある、きちんと集客のできるVRと言えます。
一度に4名が体験できる集団体験型VRでもあるので、回転よく運営することができます。またシミュレーター自体の存在感も大きく、体験の様子がさらなる集客に結び付くといった点でも高集客を期待できるアトラクションです。

導入実績

韓国TVバラエティ番組とのコラボVR。高い集客実績があります。

本製品は韓国のTVバラエティ番組「ジャングルの法則」とのコラボレーションVRの一つとして開発され、韓国内で大きな人気を呼びました。また韓国では野球球場「仁川SK幸福ドリーム球場」での野外イベント、松島(ソンド)の「MONSTER VR」、CGV龍山(ヨンサン)アイパークモール内「V BUSTERS」で高い集客の実績があります。
日本では「VR PARK TOKYO satellite 札幌狸小路」で稼働しています。

製品仕様
『体験人数』4名。『納品物』コンテンツインストール済PC4台, ボートシミュレーター1台, 送風機2台。『お客様ご用意品』■HTC VIVE または PIMAX(VRゴーグル) ■体験者視点モニタリング用映像機器(演出に応じて) ■音響機器(演出に応じて)。『納期目安』発注から2か月※既存コンテンツでカスタマイズなしの場合。『設置条件』■設置寸法:幅2000mm×奥行3600mm ■電源容量(三相200V):6kw ■ボートシミュレーター設置時:設置床にアンカーボルト固定。『保証条件』納品から1年間無償保証。その後は有償対応。『レンタル対応』有。1週間のレンタルから対応いたします。

製品リストへもどる

top